当院の魅力|座間総合病院 看護部


Menu

当院の魅力
Appeal

当院の魅力Appeal

教育・研修の充実

看護部では、看護職、介護職キャリア別教育にて、職員ひとりひとりがキャリアアップを目指せるようサポートしています。
院内研修では「看護・介護を語ろう」と題し、今までの、そして現在の、看護・介護を振り返り、グループワークで看護観・介護観を共有します。また、問題解決研修やプレゼン研修など、看護・介護の基礎的技術の他にコミュニケーションスキルや問題解決スキルを習得できる多様な研修を企画・開催しています。
より多くの職員が研修に参加できるよう、勤務時間内の開催に向けて最大限に取り組んでいます。

子育て支援

生後8週間から小学校就学前まで利用可能な院内保育園があります。24時間保育もあり、夜勤の際、お子さんを保育園に預けることが可能です。保育園は病院敷地内にあるため、お子さんの送り迎えもスムーズです。園庭には砂場や遊具を設置し、お子さんがのびのびと成長できる環境を整えています。
また、看護部には、子育て中や子育てが一段落した職員など、子育て経験者がたくさんいます。先輩ママに育児や仕事と子育てとの両立について相談しやすい環境です。

現場の声

病院に併設されている保育園は安全面に配慮されており、園内もピカピカです。病院と保育園の入り口は歩いて1分なので授乳が必要な小さいお子さんへの対応も可能です。夜間預かりや休日開園日もあり子育てと仕事の両立がしやすい環境だと思います。規模は小さいですがアットホームで行事も多く充実しています。先生方も親切でとてもおすすめな保育園です。

私には11歳、9歳、3歳の子がいます。
3歳の子が院内保育園であるどんぐり保育園へ通っています。 保育士さんはひとりひとりにあわせた保育をしていただき、ぐずっているときは抱っこして根気強く向き合ってくれます。 子供は保育園が大好きで休みの日も「今日は保育園いく?」と必ず言ってくるほどです。 子供の発熱で急な休みや早退も快く勤務交替してくれる職場の仲間たちにいつも感謝しています。

チームワーク

当院はケア・ミックスであり、急性期、慢性期と様々な健康段階にある患者さんに対し、多職種連携を図り、専門性のある看護・介護の提供を目指しています。
24時間365日切れ間のない看護・介護サービスには職員ひとりひとりの協力や連携が欠かせません。各部署の特徴から、患者さんの医療や看護必要度を考えた看護配置となっています。
個別性と継続性のある看護と介護を目指して、「自ら考えてそれを伝えることのできる人」を求めています。

現場の声

患者さんの想いをもとに、多職種と情報共有、相談しながら看護をするよう常に意識をしています。そのため、患者さんが笑顔で退院する姿をみると、嬉しくて自分も笑顔になり、大きなやりがいを感じています。

患者さんのニーズを汲み取り、一人一人違う生活様式に対して退院支援をしていく看護に興味を持ち、回復期リハビリテーション病棟での勤務を希望しました。多職種との連携を図り、患者さんの個別性の看護を提供できるよう努めております。患者さんの「ありがとう」という言葉に元気をいただき、やりがいを感じております。

デジタル化

当院は電子カルテを導入しています。床頭台にはベットモニターを設置し、ピクトグラムを使用することで、職員間、患者さんとの情報共有に努めています。
また、バイタルサイン測定機器を使用し、電子カルテに反映させるシステムの導入など、電子機器を活用することで、業務の効率化を図ります。
よりベッドサイドでの時間を作り、看護・介護ケアの充実を目指しています。

見学会予約カレンダー
close

見学会予約カレンダー

下記カレンダーより、
予約状況をご確認ください。

上記以外にも調整が可能です。
ご希望をお聞かせください。

見学申込はこちら

Top