教育・研修制度 |座間総合病院 看護部


Menu

教育・研修制度
Educational and Training

教育・研修制度
Educational and Training

教育理念

質の高い看護や介護には、相手の立場に立つ想像力と、個別性をかなえるための創造力が必要だと思います。
想像力と創造力を働かせ自ら考える。
しかし、それは周りに伝わらないと「思い・想い」は実現しません。
これからの私たちに必要なもの、それは自律的に学ぶこと、働くことです。

教育目標

看護実践サービス能力、看護管理能力、人間関係構築能力、教育研究能力の4つについて、
看護職員の能力育成を目指し、キャリアアップを支援します。

教育方針

『感動のある看護と介護を』
私たちは、看護や介護の楽しさ、やりがいをみんなで共有し、経験を通じて成長することを大切にしています。

求める人財像

『自ら考えて、それを伝えることのできる人』

座間総合病院の看護部方針=看護部価値観を大切にした看護を実践するために、看護部の求める人材像

求める人材を育成するための「教育プログラム」の考え方
Educational program

病院の理念、看護部の理念、目標に基づいて質の高い看護を実践できる看護師・介護士を育てるために、新人教育、キャリアラダーR2とR3の段階別研修を行っています。
部署のリーダー役割実践者には問題解決プロセス研修を行い、自己課題・部署課題を明確にし、課題達成に向けた取り組みができるようサポート体制を整えています。
また、高齢者看護、認知症ケアなどの専門研修を行い、看護師、介護士の資質向上を図っています。職員個々の学習ニーズや目標について自己の意思を尊重し、専門職業人としての主体的な発達を支援します。

  • 看護師キャリアラダー
  • 介護福祉士キャリアラダー
  • 看護アシスタントキャリアラダー
年間教育スケジュール
  看護職 介護職
4月
看護職
入職時研修
安全・感染・防災・CAC・マナー・フレッシュマン・BLS・組織と理念
介護職
新人入職時研修
安全・感染・防災・CAC・マナー・フレッシュマン・BLS・組織と理念
5月
看護職
与薬の技術
iv・点滴・ME・血糖測定・インスリン等
現任プリセプター/1回目
介護職
移動
6月
看護職
3か月フォロー
不安の語り合いと共有
介護職
ケアプラン
入職時のフォロー
3か月フォロー
7月
看護職
現任プリセプター/2回目
介護職
排泄
清潔
8月
看護職
ワークアウト(R2/1回目)
(問題解決思考プロセス)
介護職
バイタル
食事
9月
看護職
多重課題①
報・連・相 優先順位の決め方
BLS研修
ワークアウト(R3/1回目)
(問題解決思考プロセス)
介護職
BLS研修
10月
看護職
6か月フォロー
患者や多職種とのコミュニケーション
介護職
6か月フォロー
移動
11月
看護職
現任プリセプター/3回目
介護職
排泄
清潔
12月
看護職
多重課題②
事例を基にした複数受け待ちのシュミレーション と夜勤での不安の語り合いと共有
介護職
バイタル
1月
看護職
ワークアウト(R2/2回目)
介護職
食事
2月
看護職
ワークアウト(R3/2回目)
BLS研修
介護職
最終フォロー
1年の学び
次年度の課題
BLS研修
3月
看護職
最終フォロー
1年の学び
次年度の課題
時期プリセプター研修
介護職
 
新人教育研修プログラム
4月
新入職オリエンテーション
組織・病院の概要
職場のメンタルヘルス
目標管理
個人情報の保護について
事務手続きについて
職業人として目指すもの
看護部オリエンテーション
安全管理Ⅰ 患者誤認防止、転倒転落、STEPPS、アクシデント発生と看護記録等
安全管理Ⅱ 転倒転落スコア、行動制限、ファントル君、防災、CACコール
感染防止 スタンダードプリコーション、医療廃棄物取り扱い等
マナー 身だしなみ、挨拶、勤務態度等
BLS研修 救急蘇生法、AED使い方
情報管理 電子カルテ操作
5月
日常生活援助研修 ※必要に応じて
清潔援助研修
排泄援助研修
食事援助研修
移動動作研修
看護技術研修
与薬の技術
静脈注射、点滴管理、簡易血糖測定、インスリン
向精神薬、麻薬の取り扱い等
ME機器:輸液ポンプ、輸注ポンプ、人工呼吸器
6月 フォロー研修
3ヶ月フォロー研修/1回目(海老名地区と合同研修)
3ヶ月フォロー研修/2回目(座間総合病院同期とフリートーク)
9月
フォロー研修
6ヶ月フォロー研修/3回目(海老名地区と合同研修)
多重課題研修
報告・連絡・相談について
10月 フォロー研修
6ヶ月フォロー研修/4回目(座間総合病院同期とチームメンバーとしての悩み、不安の共有)
11月 フォロー研修
9ヶ月フォロー研修/5回目(海老名地区と合同研修)
12月 多重課題研修
複数受け持ちシミュレーション等
1月 フォロー研修
1年フォロー研修/6回目(海老名地区と合同研修)
2月 フォロー研修
1年フォロー研修/7回目(座間総合病院同期と1年の振り返り)

新人看護師の声Freshman voice

4階東病棟 諸橋 薫

私の所属部署は4階東病棟の整形外科、外科、皮膚科を主にした混合病棟です。
不安と緊張の毎日でした。しかし、プリセプターや先輩看護師から優しく丁寧に指導していただき、安心して業務をすることができています。
まだまだ未熟ですが、患者さんが笑顔で退院される姿にやりがいを感じながら、日々成長できるように頑張っています。

3階東病棟 高橋 実沙子

現在は夜勤業務も始まり、プリセプターだけでなく先輩看護師の方々に、サポートしていただいております。また、プライマリーナースとして患者さんの退院支援を行っております。
多職種とのカンファレンスなど情報共有を行い、方向性を検討していきます。患者さん・ご家族と信頼関係を築き、笑顔で自宅へ退院していくことにやりがいを感じています。

4階西病棟 上野 香子

小学生の頃から看護師になることが夢でした。看護師になって半年経ち徐々に仕事に慣れてきた反面、今まで先輩に支えられて見えていなかった自分の課題などを見つめることができるようになってきました。
4西病棟は新人看護師と先輩看護師のペアで毎日看護業務をするため、不安な事や疑問に思ったことをすぐに聞ける環境があります。
また、海老名総合病院の新入職員と一緒に研修を受ける機会があり法人全体で成長を見守って頂けるので安心して働くことができます。座間総合病院は新設のため、清潔感のある環境で働けるのも魅力の一つです。

認定看護師の活動
Activities of certified nurses

感染管理認定看護師 畠山 直子

病院内での感染症発生時の早期対応に備え、病棟のリンクナース・多職種の職員とも連携をはかりながら、病院内外の感染症発生状況の監視、感染発生時の対応、職員への感染予防教育、全職員からの感染対策に関する相談に応じています。
患者さんをはじめ病院を訪れるすべての人を感染から守り、職員も感染しない環境づくり、安全な医療と安心できる看護の提供を目指して日々活動しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 菊地 徹

脳卒中は突然発症し、後遺症によりこれまでの生活を継続するには支援が必要となる場合が多い疾患で、まさに人生を一変させてしまうほどです。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、急性期、回復期、維持期にある、あらゆる年齢層、あらゆる病期、あらゆる障害を持つ患者やその家族の生活の再構築への支援を目標としています。
回復期リハビリテーション病棟に入院される脳卒中の患者さんを中心に、障害をもってもその人らしい生活が送れるように、こころと身体のケアを行い生活の再構築に向けた学習を支援しています。
院内での実践をとおして役割モデルを示し、看護スタッフの指導、相談に対応しています。

手術看護認定看護師 永田美和

手術を受ける患者さんやご家族へ、安心・安全・安楽な手術を提供できるように、安全管理やスタッフ教育、コーディネートを行っています。
手術室の中だけでなく、術前・術後を含めた周術期の視点で患者さんに関われるようなスタッフ教育を心掛けています。
また、「安全な手術を提供する」だけでなく「より安楽に、そして術後の回復を促進する」ような手術看護を目指していきたいと考えています。

見学会予約カレンダー
close

見学会予約カレンダー

下記カレンダーより、
予約状況をご確認ください。

上記以外にも調整が可能です。
ご希望をお聞かせください。

見学申込はこちら

Top