看護部について|座間総合病院 看護部


Menu

看護部について
About

看護部についてAbout

座間総合病院では、様々な健康段階にある患者さんに応じたサポートを常に考えています。
私たちが、大切に創り上げようしているのは、その対象となる人を中心に、その人が何を望み、
私たちに何を期待しているのかを知り、スタッフ一人ひとりが考えて行動できるチーム作りです。
そして、あらゆる職種との連携強化および施設間、また地域との連携はとても重要なことだと思い、
日々努力しています。
私たちは、看護部の仲間たちが持っている素晴らしい能力が発揮しやすい環境を、整えられるように
しっかりと支援します。
実践での、「楽しい」または「苦い」経験をたくさん積んで、お互いに大いに語り合いましょう。
そんな、私たちの仲間になりませんか。
あなたが、最も輝ける場所を私たちの組織の中で見つけてください。

座間総合病院
副院長 兼 看護部長
上野 美恵子

向日葵

向日葵

看護部 理念

人権を尊重し、豊かな心で質の高い看護・介護を提供します。
あらゆる健康段階にある、地域の人々の健康状態を保持増進するための援助を惜しみません。

看護部目標

  • 1

    人々の権利を尊重した
    看護・介護を提供します
  • 2

    良質看護・介護を
    サービスの向上と充実を常に考えます
  • 3

    その人の健康段階にあった看護・介護を
    みんなで提供します
  • 4

    専門職業人として、
    資質の向上に努めます
  • 5

    地域や施設との連携を目指し、
    継続看護の充実を図ります

看護体制Nursing system

入院基本料
医療型療養病棟 20:1  
急性期病棟 10:1  
回復期リハビリテーション病棟 15:1  
ハイケアユニット 4:1 (予定)
外来 30:1  
患者さんの医療や
看護必要度を考えた看護配置
看護体制
病棟 2代交代制
外来 当直制
手術室 待機制(検討中)
24時間365日
切れ間のない看護・介護サービス
看護方式
固定チームナーシング 継続受け持ち制
個別性と継続性のある
看護と介護を目指して

委員会紹介 Committee introduction

リスクマネージメント委員会

各部署のリスクマネージャーが役割を担い、質の高い看護の提供を行い、患者さん・ご家族の医療安全を目標として、事故防止に取り組んでいます。
主に、具体的な事故防止策の立案及び実施、並びにマニュアルの改訂や作成を行っています。
患者さんの安全を守るうえで大切なのは、まず「患者さん自身の立場に立つ」こと!患者さんが自分や自分の家族であったら・・・と想像してみることが大切です。そして医療者「みんなで」取り組むこと。看護部医療安全では委員会を通じて他部署で起こったインシデントを各回共有し、病院全体で再発防止を目指しています。

感染管理委員会

感染管理委員会は各部署の代表1名が委員会に参加し、部署の代表として院内マニュアルの遵守、感染予防策を徹底できるよう情報交換、最新情報の共有を行っています。
またグループに分かれての研修主催、新しいマニュアルの作成など活発に活動を行っています。

業務委員会

業務委員会は看護基準・手順、看護記録基準の整備を行い、看護の標準化を行うことを目的として活動しています。
海老名総合病院、海老名メディカルサポートクリニックそれぞれで活用していた看護基準・手順、看護記録基準を見直し、座間総合病院として統一したものを作成していきます。
見直す内容は多岐に渡り、莫大な量ではありますが、標準看護計画と共に、見直し修正を行うことで座間総合病院の看護の質の向上・看護ケアの標準化を図っていくために活動しています。

サービス向上委員会

社会人基礎能力の向上や接遇面向上を目指し、あいさつ運動や接遇研修を行うなど患者満足度向上を目指しています。
また慢性期病棟を中心に地域の方々の協力を得てボランティア活動を行ったり、音楽鑑賞や踊りの鑑賞会を開催、季節の行事にあわせた病棟の飾りつけなども行っています。

見学会予約カレンダー
close

見学会予約カレンダー

下記カレンダーより、
予約状況をご確認ください。

上記以外にも調整が可能です。
ご希望をお聞かせください。

見学申込はこちら

Top